aura staff blog

ジグノシステムジャパン株式会社が提供するゲームについての公式広報ブログです。                 

「大正吸血異聞 第二夜」シナリオ公開1

[ 2013/04/30 14:13 ]
こんにちはー!
「大正吸血異聞」
担当MEです!!

GW、いかがお過ごしでしょうか?
お休みの方もいれば暦どおりという方もいるはず…。

auraとしては、週末には「SUPER COMIC CITY22」に出展しますので、
なんだかいつも以上にバタバタしていますが…(^^;)

遅くなりましたが、「大正吸血異聞 第二夜」のシナリオを一部公開します!

今回はクーデレ神木朔弥のパートから抜き出してきましたよー!
それでは、PCの方は続きからどうぞ!
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



「大正吸血異聞 第二夜」より

※台本を抜粋しているので、台詞などが多少違う場合がございます。ご了承くださいませ。

朔弥「(※右側、少し離れて)どうした? きょろきょろして」

朔弥「(※一気に近づいて、正面)俺たち吸血鬼は、人間の何倍もの身体能力を持っている。
   あんたがどう足掻こうが、逃げられはしない」

朔弥「(※さらに近づいて)吸血は恐ろしいものじゃない。
   不慣れなあんたには……背徳的に感じるかもしれないがな」

・朔弥、ヒロインの肩を抱く。

朔弥「(※右耳)まずは、落ち着くことだ」
  「(部屋の様子を見て)……あのソファがいい」

・朔弥、ヒロインをソファへ連れて行き、座る。

朔弥「(※正面、下から)あんたは俺のひざに座るんだ」

・朔弥、ヒロインの手をひいて自分の膝に座らせる。

朔弥「(※右側)こうしていれば、あんたの体がどうなっているか、
   (耳元に寄って)はっきりする」

朔弥「(※右耳)今は全身を硬くして、小刻みにふるえているな……」
  「(※離れて)こうして脇から見ると、長くてきれいだ」

朔弥「(ヒロインが不思議そうにするのを受けて)……あんたのまつげだよ。
  その下の瞳も……怯えが陰を落としていながらも、にごりなく澄んでる」

・朔弥、ヒロインを安心させるように、頬にキスをする

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


というわけで、一部抜いてみましたー!

「大正吸血異聞 第二夜」は5月29日発売予定です!
サンプルボイスもまもなく公開予定でございます!!

あと、第三夜のジャケットもまもなく公開しますので…!

どちらも、どうぞよろしくお願いいたします!!
それでは!!!!


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
『大正吸血異聞』
公式サイト
http://auragame.jp/vampire/


ツイッター
⇒SP・PC:https://twitter.com/taisho_vampire/
⇒FP:http://twtr.jp/taisho_vampire/
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


トキメキ妖艶ヴァンパイア
いざ、出陣!恋戦 1幕
いざ、出陣!恋戦 2幕
恋スル海賊レジェンド
アブナイ恋の捜査室