aura staff blog

ジグノシステムジャパン株式会社が提供するゲームについての公式広報ブログです。                 

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「大正吸血異聞 第一夜」シナリオ公開1

[ 2013/03/13 21:18 ]
こんばんはー!「大正吸血異聞」担当、MEです!
今週からシナリオ公開するぞー!と思ったら、もう水曜日でございます。
なんていうことでございましょう…。

さてさて。
「大正吸血異聞 第一夜」
収録も終了しておりまして、音源チェック期間に突入でございます。
サンプルボイスも早くお届けできるように、頑張ってまいります!

それでは、「大正吸血異聞 第一夜」より、
ヤンデレ吸血鬼・宝生呉葉を選んだ場合のシナリオから一部を公開いたします!

呉葉を選び、ヌーヴェルマリエ香緋店から抜け出した後のお話…。




※台本を抜粋しているので、台詞などが多少違う場合がございます。ご了承くださいませ。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

呉葉「手を、出してごらん? それから、好きな指を一本」

・ヒロイン、左手の人差し指を差し出す。

呉葉「その人さし指? ふふ……繊細な優しい手をしているね」

呉葉「(指をしゃぶる)こうしておけば、痛みが和らぐはずだからね。
   麻酔のようなものだよ」

・ヒロイン、身を引こうとするが、呉葉はヒロインの手首をつかみ、抱き寄せる。

呉葉「(※耳元・右)痛みと聞いて、怖くなってしまった?
   逃げ出してしまいたい?
   君は僕の大切な花嫁……だから僕は、できうる限り、
   それにふさわしい扱いをしてあげるつもりだよ?
   けれど……」

・ヒロイン、身じろぎする。

呉葉「(※耳元・右)このまま、何事もなく、返すわけにはいかないんだ。
   だから、じっとしていて……? 僕がひどい真似をしなくていいように」

呉葉「(※正面)ふふ……見回したって助けは来たりしないよ。
   この場で君を救えるのは、ただひとり、この僕だけなんだから」

呉葉「(※正面)そう、いい子だね。
   おとなしくしていれば、悪いようにはしない」

呉葉「(※正面)さあ、もういちど、君の綺麗な指を出して?
   ……そう。この白く美しい指先……赤い血が脈打っているのが分かるだろう?」

・呉葉、左手の指に牙を立てる。

呉葉「(※正面)(ひとしきり飲む)
   ……っ!
   なんだろう、この牙のふるえは……君の血は……
   とんでもないものを秘めていそうだ」

呉葉「(※正面)ああ……もどかしいよ……。
   運命的なものすら感じるのに……あと少し……届かない。
   これがワインなら、寝かせておくところだけど、何年も待ってはいられない。
   ……僕が、導いてあげるしかないね」


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

……いかがでしょうか???(゚-゚;)

呉葉、個人パートではこんな感じでございます。
王子様系なので、基本的にはやさしいのですが……。
ときどき、んん??と思うことを言う感じのヤンデレさんです。


さて、来週は朱里パートからお届けしようと思います!
どうぞ、お楽しみに~ヽ(=´▽`=)ノ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


トキメキ妖艶ヴァンパイア
いざ、出陣!恋戦 1幕
いざ、出陣!恋戦 2幕
恋スル海賊レジェンド
アブナイ恋の捜査室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。