aura staff blog

ジグノシステムジャパン株式会社が提供するゲームについての公式広報ブログです。                 

iPhone新作情報④ 題材「太平記」ってどういうことだい? その2

[ 2012/05/31 19:50 ]
いつもご利用いただき、ありがとうございます。
iPhoneアプリ担当のMEです('-'*)

今週も新作情報をお届けします!(^-^*)/
今回は歴史の話と鎌倉紀行…
だけだと、さすがによろしくないので、前回発表した以外のキャラクターを名前だけ発表します!!

ガイドキャラ:「吉田兼好」
第一期の攻略キャラ:
「新田義貞」「楠木正成」「護良親王」「北条仲時」「北条守時」

そのほか登場キャラ:
「高師直」「佐々木道誉」「北畠顕家」「足利直義」
「足利尊氏」「北条高時」「後醍醐天皇」「楠木正季」

キャラクターといいつつ、
歴史上の人物を列挙しているだけなので、一体何なんだ…という雰囲気を感じますが…。
どんな見た目なのか、性格なのか…
その発表はもうしばらくお待ちくださいませm(._.)m


そんなこんなで、実際の歴史的なお話でも、していきましょう。
↑の人たちも出てきますので…。


1)題材「太平記」ってどういうことだい? その2

というわけで。
前々回は「鎌倉幕府滅亡」についてお話しましたので、
今回はその後…「建武の新政」を取り上げてみましょう。

これは歴史の教科書にも出てきますね。
「後醍醐天皇」、やったけど、失敗したよ、と。
後醍醐天皇と言う人は、系図を見てみると普通なら絶対に天皇にならなかった人。
次男系統のさらに次男なんですね。
鎌倉時代の半ば頃に、「両統迭立」という2つの系統で順番に天皇になるという状態になっていました。
そういう状況だったので、後醍醐天皇という天皇が誕生しました。
よく教科書や資料集に肖像画が載っていますね。あ、本作の見た目もあんな感じです。

この方は生前に自分で「後醍醐」という諡号(呼ばれ方)を決めました。
平安初期に「醍醐天皇」という方がいまして、その人のように自ら政治をするぞ!ということで、
後の醍醐天皇、「後醍醐」としたとか。

…ということは。
時代は鎌倉幕府150年あまり、武士たちが主立って政治をしていたにも関わらず、
平安の頃のように天皇と貴族で政治をしよう!と言い出したことになる訳で…
鎌倉幕府に不満を抱いていた武士たちも、武士が治めることを嫌がっているわけではないので、
丸く収まるはずがありません。

後醍醐天皇は討幕の恩賞を貴族に厚くしたり、大内裏の造営をやろうとしたり、
武士たちは着いていけない…となっていく。
そこに、幕府滅亡の旗頭の一人だった「足利尊氏」がいたわけで、
尊氏を頼む武士が増えていったのです。

後醍醐天皇の息子・「護良親王」は将軍になりたかったらしく、尊氏と争ったり。
結局、護良尊氏に引き渡されて鎌倉で幽閉されてしまいました。

その後、北条氏の残党に鎌倉が襲われたとき、鎌倉に居たのは尊氏の弟・「足利直義」
彼は戦上手でないこともあって、鎌倉を逃れる…そのときに護良親王を殺害しています。

京都では尊氏が天皇の許可を待たずに、弟たちを助けるべく出発。
このあたりから尊氏は天皇との決別を明らかにしているように思います。
武士たちも尊氏方についたり、天皇方についたり。
尊氏以外にも、鎌倉攻めで活躍した「新田義貞」とか、京の戦いで活躍してた「楠木正成」とか沢山います。

よく分からないーと言われる室町時代が始まってきた感を感じます。
この後、どんどん敵味方が入れ替わって、観応の擾乱と呼ばれる戦乱期に入るので…
でも結局、鎌倉時代あたりからの積み重ねで、分かりにくくなっているだけなんですよね。。

そんなこんなで、結局ひとつにまとまることはなく、
「建武の新政」といわれたものは、終わってしまいましたとさ。


さて、今回も記事が長いので、分けております。
お次は鎌倉紀行です(=´ー`)ノ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


トキメキ妖艶ヴァンパイア
いざ、出陣!恋戦 1幕
いざ、出陣!恋戦 2幕
恋スル海賊レジェンド
アブナイ恋の捜査室